夜明けのリムジンバス

羽田へと向かう途中には

大鳥居がある

この鳥居を見ると気持ちが引き締まります

わたしは未来を信じない、未来は不透明で恐ろしいもの、

だから気持ちが引き締まります

これから恐ろしいANAの火鋼機に乗るのです

わたしは祈ります

火鋼機を取り巻く空模様がどうか何ごともありませんように・・・

結局、松山までの90分フライトは激しい揺れに包まれ、到着時には

わたしは酔いと腹痛でゲッソリしていました・・・。

あんな揺れにも動じないアテンダントや機長さんは偉いなあ・・・。

わたしはバスも微妙に苦手で、腹痛もあったので、松山空港からのリムジンバスに乗って目的地に着く前にJR松山駅で降りてしまいました。

へとへとで参っている気分が、駅に着いたら癒されるのが不思議ですね。

ここで、前々日のブログにも掲載した、アンパンマントレインを見ました。

自動改札がない駅はかえって新鮮で、駅員さんが旅人の質問に親切に答えていました。

その後、JR松山駅から道後までの路面電車に乗りました。電車っていいですね。いつも飛行機での酔いが電車に乗ると回復するような気がします。

この路面電車は一回150円、後払い。ワンマンなので降りるときには運転士さんがわざわざ出てきてくださり、お客さんの顔をじっと見つめて「・・・・ご乗車ありがとうございます・・・」と握手までしてくださいます(・・・すみません、嘘です)。

制服はさわやかな紺色。かなちゅうバスにも似ている明るい紺色上下に、帽子は昔の学生みたいな黒い制帽。コートは長くてストンとした、濃い色のものでした。制服としては本当に基本的で、鉄道員さんらしい、さわやかなイメージの制服でした。

何より、路面電車の運転士さんの対応がとても素晴らしいな~と思いました。きびきびとしていて、乗客にはきはきと「有難うございました!」と告げる、その声の張り・・・微笑み、笑顔、まっすぐな背中、エンジンをかけるときのドバルンドバルンドバルンドバドババッババ・・・・の音、運転士のいたずらっぽい瞳の輝き、もうすぐ大手町、まもなく県庁前・・・

・・・のんびりというか・・・・かなり遅いぞ、信号待ち多いなあ・・・なんていらいらしたらいけないのですね、スターバックスすり抜けて、路面電車のある道路は優雅ですね・・・電車は進む・・・・。

いいよ、いいよ、伊予鉄いいよ・・・・

「不審物に警戒ください」なんてアナウンスは一度もなかった・・・

不審なものは ここには ないのだ・・・・

いいよ、いいよ、伊予鉄すてき・・・・

路面電車の側面には、この写真でみられるようにいろいろ、あいだみつお的な言葉が書かれていました。「ことばのちから」という文字も見えますが、この「ピカソは~」は公募した言葉のようです。

また、旅の俳句を投稿する箱が街のあちこちにあったり、美術館で一般応募してきた作品を飾ったりして、人々の生み出す言葉の文学・芸術を振興してゆこうという意気込みを感じました。詩人フレンドリーなんですね。

残念ながら坊ちゃん電車には乗れませんでした。でも、坊ちゃん電車が走っているのは見ました。鉄道員が冷たい風にうつくしい髪をなびかせ、薄手のコートが寒そうながら、とても明るい表情で坊ちゃん電車に乗務しているのを見ました。

その光り輝く美しい風景を見ていると、なぜかまだ見ぬ漱石の世界へ、わたしも連れてゆかれるような、素敵な気持ちになりました。

いいよ、いいよ、伊予鉄いいよ・・・(←これしか語彙がないのか・・・)

今度はゆっくりと温泉に入ったり、海を見たりしたいですね。

お世話になった皆様、どうもありがとうございました。

◆告知もろもろ◆

メルマガ「月報・松岡宮」ちょっと早めの12月号配信しました。

希望される方はhql01005@nifty.ne.jpまでその旨お知らせください、ぜひ読んでください!!

わたしがちょっとコメントしているらしい番組、地上波で深夜放送。

「熱中時間ー忙中、趣味ありー鉄分補給スペシャル3」

 NHK総合  11月27日(木) 25時25分~(深夜1時25分~3時)

(正確には11月28日(金) 午前1時25分~2時54分 )

新しい音源「ここは兄の森2008」アップしました。

2日間、のべ4時間かけて、有料のコンデンサーマイクで録音してコレかいっ!という情けない音源で、しかも季節はずれもいいところですが・・・もしよろしかったら聴いてくださいね。

nextmusic試聴のページ → ●