Uke-Hunt

fat wreckから、異色のリリースになるんでしょう。
me first and the gimme gimmesのメンバーでありヴォーカルのスパイク・スローソンがはじめたウクレレ中心のユニット。
それがuke hunt。

f:id:osisuke22:20141110063040j:plain

曲はカバーが中心らしく、リードトラックの「because」は60年代にヒットしたナンバーのカバー。

全曲ウクレレが焦点になったサウンド。定評のあるスパイクのヴォーカルが、シンプルなサウンドだけになおさら引き立つ格好になった。

スパイクはswingin uttersではベースを主に弾いてたらしい。

さて、uke huntはアルバム通してノスタルジックな曲であっても底抜けに明るく、抜群のヴォーカルが冴えまくる。

ライヴでモッシュピットができるかどうかはわかりませんが、カラッカラに晴れた野外での~んびり聴きたくなるサウンドですね。