XAMPP-タイムゾーンを日本に変更する

記事の要約

XAMPPでタイムゾーンを日本に変更する方法です。
date()関数等の日時に関係する関数を使用した場合に
動作がうまくいかない場合は確認してみてください。


本文

XAMPPのコントロールパネルを開いて、
Apache行の「Config」から「PHP(php.ini)」を選択して編集をします。
基本的にメモ帳で開くと思いますが、メモ帳では行数がわからないので
エディターに全文をコピー&ペーストすると作業がしやすいです!
f:id:yuuki74a:20170602201620p:plain

編集を行う場所は 938行目 から 941行目 あたりです。
「date.timezone = **********」を「date.timezone = Asia/Tokyo」に変更してください。
f:id:yuuki74a:20170602201641p:plain

[Date]
; Defines the default timezone used by the date functions
; http://php.net/date.timezone
date.timezone = Asia/Tokyo

以上です。

関連記事

今回は開発環境側であるXAMPPのタイムゾーンを変更しましたが、
PHP側でも別でタイムゾーンを指定できます。
開発環境側の設定を変更できない場合は下記(タイムゾーンの再設定)をご参考ください。
www.tsunagu-tsunagaru.com